あかね動物病院ブログ

てんてん☆


こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
看護師の古城です( ´ ▽ ` )ノ

あかね動物病院のアイドル的存在!


☆☆てんてん☆☆がトリミングへ行って
参りました(((o(*゚▽゚*)o)))





ビフォー



アフター





以前のあどけな〜い感じのてんてんとは
打って変わってシュッッとしてますw
ん〜〜、ワイルド(((o(*゚▽゚*)o)))(笑)


腰には、




写メだとわかりづらい(T_T)
てんてんの、T☆
左にも右にもありますw


顔はシュッとしてるのに
体はとってもおちゃめでかわいい
おじいちゃんでした♪ヽ(´▽`)/


PageTop

てんてん胃捻転

こんばんは、獣医師の伊従です。

先日、当院ペットのスタンダードプードルのてんてんが、突然胃捻転になり、手術をしました。

その日は朝からフードを食べなかったのですが、てんてんは今フード会社のサンプルを食べるのがお仕事なので、「このフードは好みに合わなかったのかな」と、様子を見ていました。

ところが、昼になっても全くフードに手を付けず、スタッフからも「朝から元気がないし、今も立ったままじっとしてます」と報告を受け、すぐに診察をすることにしました。
てんてんは診察室までやっと歩いてやってくるくらい元気がなく、お腹がパンパンに膨れていて、一目見て胃捻転・胃拡張症候群を疑いました。

レントゲン検査の結果、胃捻転が疑われ、直ちにお腹に針を刺してガスを抜き、手術の準備を行いました。
てんてんはガスが抜けるとちょっと楽になったのか、お気に入りの院長の座いすまで自力で歩いていき、いつものようにくつろいでいました。

てんてんは当院の大切な仲間であり私たちの家族です。
苦しんでいる姿を見るのはとても辛かったのですが、獣医師もスタッフも一丸となっててんてんの手術に臨みました。
大きな手術でしたが、てんてんは高齢の体で手術によく耐えてくれました。
スタッフもとても頑張ってくれたおかげで、無事にこの手術を乗り越えることができました。

麻酔が醒めかけでまだポーッとしているてんてん
1490691161008.jpg

手術当日はさすがにぐったりでしたが、胃を正しい位置に戻して苦しいのがとれたのか、翌日にはいつものてんてんになっていました。
元気にお散歩したがる手術翌日のてんてん。
DSC_3945.jpg

まだ安静な時期なので、おしっこをしたら入院室に戻ります
DSC_3948.jpg
てんてんのいつものあどけない表情に本当に安心しました。

このあと無事に抜糸も終了し、今では前と変わらず元気な姿で私たちを癒してくれています。

胃捻転は大型犬が食後に運動した場合に起きやすい病気ですが、原因ははっきりしません。
実際、てんてんも今までと同じ生活をしていたのに突然この病気になりました。
プードルのような胸の深い犬種だったり、高齢だったり、ホルモンの病気があったり、要因はたくさんありますが、突然やってくる怖い病気です。

てんてんの場合は発見から手術までの時間が短かったため回復も早かったのですが、手遅れになると命を落としてしまう恐ろしい病気です。

ワンちゃんを飼っているお宅では、食事の後の運動や散歩は控え、おかしいなと思ったら様子を見ずに早めの受診をお勧めいたします。

PageTop

4月15日のエキゾチックアニマル診察時間のお知らせ

平素よりあかね動物病院をご利用くださりありがとうございます。

明日4月15日(土)は、伊従獣医師遅刻のため、エキゾチックアニマルの診察は11:00~13:00までの受付とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

PageTop

ヒョウモントカゲモドキのヘミペニス脱

こんばんは!!獣医師のイヨリです。

4月に入ってフィラリアとワクチンが「ハイ!スタート!!(・Д・)ノ」
当院も全国の動物病院さん同様突然忙しくなっております(*・`ω´・)ゞ
長い時間お待たせしてしまうこともあるかと思いますが、スタッフ一同、手抜き無くスピーディに対応して参ります。

今日はヒョウモントカゲモドキのヘミペニス脱についてご紹介します。

このブログには二回目の登場のやー介くんです。
http://akane0505.blog.fc2.com/blog-entry-223.html
前回紹介した背中の傷はとっっってもきれいになり、体重ももりもり増加しました。

今回は、数日前からお尻に赤いものが出ているとの主訴でご来院されました。
診察をしてみると、左のヘミペニスが脱出して先端が壊死していました。

ヒョウモントカゲモドキの男の子のお尻にはヘミペニスという生殖器が収納されています。
ヘミペニスは様々な原因で外に出てくることがありますが、時々そのまま元に戻らなくなり、脱出部が壊死したり、炎症が広がったりすることがあります。

やー介君の場合は先端が壊死し、一部出血もしていたので、左ヘミペニスの摘出手術となりました。
ヘミペニスは哺乳類の生殖器と違って尿道と接続していないため、繁殖個体でなければ切除しても日常生活に支障はありません。
DSC_3855.jpg
脱出して壊死したヘミペニスです。

DSC_3857.jpg
根元を縛って切除します。

DSC_3859.jpg
術後の患部がこちら。
中身がなくなったので左と比べるとやや右がしぼみましたね。

ちなみに以前手術した背中の傷がコチラ。
DSC_3854.jpg
どこに傷があったかわらないくらいになりましたね!

麻酔の覚醒もよかったのでその日のうちに退院になりました。
患部をとってしまったので、再脱出はありませんが、今後も反対側が脱出しないか経過観察が必要です。

帰る前、とってもキュートな笑顔を見せてくれたやー介くんです!
DSC_3860.jpg


PageTop

里親さん募集中!



こんにちは、看護師の原です。
里親さん募集のお知らせです!


4月4日、雨の日の夜、道路の溝に落ちて
動けなくなっていた野良の子犬ちゃんを
犬の散歩中だった方が発見し、
病院に運ばれてきました。

来た時はかなりの低体温で、衰弱した
状態でした。すぐに保温処置をして
経過を見たところ、すごい回復力で
今はすっかり元気いっぱいです!
ご飯もよく食べてくれています( ˆoˆ )



家族に迎え入れていただける方を探しています。
あかね動物病院までご連絡ください!

PageTop